年越しの次はチャイニーズニューイヤー♬ 真っ赤な『USS』は今だけ!

【シンガポール散歩】絶景穴場スポットとレアマーライオン【Mount Faber】

【シンガポール散歩】絶景穴場スポットとレアマーライオン【Mount Faber】

日本に住んでいたころの今頃は、


「仕事納めだ~ ヽ(゚Д゚≡゚Д゚)ノ 」

「大掃除だ~ ヽヽ(゚Д゚≡゚Д゚)ノノ 」

「年賀状だ~ ヽヽヽ(゚Д゚≡゚Д゚)ノノノ 」


なんて、毎年のようにお決まりの『年内に終わらすべきこと』に追われ、今が旬!の芸人並みにどたばたばたばたしてたわたし。

どんなけ学習能力ないんだか _(-ω-`_)⌒)_



今年はというもの、


静か ( ・ ω ・ )




村上春樹の小説か??


日本とは、気候も街の空気感も180度違うシンガポールの年末。
全くの実感のないまま、ついに2010年代最後の日まで来てしまいました (¯∇¯٥)


Advertisement



【Mount Faber】

山頂は絶景ポイント!


概要と歴史


『Mount Faber(マウントフェーバー)』は、シンガポール本島南部に位置する高さ100m程度の小高い丘。
海抜164mの『Bukit Timah(ブキッ・ティマ)』に続く、本島で2番目に高い場所です ٩(ˊᗜˋ*)و

100mって、大阪名物『通天閣』と同じ高さやで( ̄▽ ̄)



もともとは『Telok Blangah Hill』というマレー語の名前が付いていましたが、イギリス占領下時代の1844年、軍のエンジニアであったキャプテン・チャールズ・フェーバーによって頂上までの道が開拓され、その後『Mount Faber』という外国人でも馴染みやすい呼び名に改名されました。

開拓前の丘の様子は当時の記録書に、

『Stupidly narrow pass in thick undergrowth』

『もりもり緑の生い茂るアホほど狭い道』

と記されているようです ( ̄▽ ̄;)



東西に長いマウントフェーバーはシンガポール政府管轄の自然公園となっており、端から端まで約5kmのトレイルコースで繋がっています。

山頂(丘頂?)には『Faber Peak(フェーバーピーク)』『Mount Faber Park(マウントフェーバー公園)』があり、セントーサ島へ向かうケーブルカーの始発駅『Mount Faber Station(マウントフェーバー駅)』や見晴らしの良いレストラン、カフェやショップなど、観光スポットとしても楽しめる施設が整っています。

お時間のある方は、トレイルコースでのんびりハイキングを。
観光だけを楽しまれたい方は、フェーバーピークと公園をサクッと見学。
お時間&ご希望に合わせ、楽しみ方は様々です (*´︶`*)


施設詳細

シンガポール国立公園局公式サイトより。


【Mount Faber(マウントフェーバー)】


最寄の駅:Labrador Park・Habour Front 駅
開園時間:24時間
電話番号:6377 9688(8:45~21:30)
住  所:Junction of
     Kampong Bahru Road & Telok Blangah Road
     Sinagapore 099448
公式サイト:シンガポール国立公園局


【Faber Peak(フェーバーピーク)】


最寄の駅:Habour Front 駅
営業時間:8:45~21:30
電話番号:6377 9688(9:00~21:20)
住  所:109 Mount Faber Road
     Faber Peak
     Singapore 099203
公式サイト:https://www.onefabergroup.com/


行き方


マウントフェーバーへのアクセスは、2か所から。

① MRT・Circle Line『Labrador Park駅』下車。
  公園西側からアクセスする。

② MRT・Circle Line/North East Line『Habour Front駅』下車。
  公園東側からアクセスする。

ハイキング希望の方は、①か②いずれかの駅で下車後、徒歩にて入園し、およそ5キロのトレイルコースを抜けて、もう片方の駅までたどり着くルートが一般的です。

直接フェーバーピーク&マウントフェーバー公園へ行かれる方は、②のハーバーフロント駅から徒歩、もしくはタクシーでのアクセスが最短ルートになります (⑅•ᴗ•⑅)

トレイルコースでは、ときどきフィットネスゾーンに出会います。


【Faber Peak】


セントーサ島行きのケーブルカーは、フェーバーピークにある『マウントフェーバー駅』から乗ることが出来ます。
マウントフェーバー駅発のケーブルカーは、ハーバーフロント駅を経由し、セントーサ島へと続いてます。
逆に、セントーサ島からフェーバーピークへ行きたい場合も、同じケーブルカーで直行することができます。


シンガポールのケーブルカーの料金は一律35ドル(子供料金25ドル)。
仮にセントーサ島まで往復しても、フェーバーピークからハーバーフロント駅までの1駅だけの乗車でも、お値段は1円も変わりません (´тωт`)。゚

ハーバーフロント駅からフェーバーピークまでの道のりはそれなりに長く、延々と登坂。
歩きたくない方は、ケーブルカーで行くこともできますが、TAXIのご利用をおススメします。

もったいないからね (¯∇¯٥)


※セントーサ島行きケーブルカーのチケットは『Voyagin』が断然お得です。
『セントーサ島ケーブルカー 往復乗車券 割引Eチケット』

フェーバーピークからの絶景。


フェーバーピークからはシンガポールを一望することが出来ます。
施設内にあるレストランは眺望を意識したつくりになっており、広々としたテラス席からは、お食事と共に街の絶景を楽しめます。

雰囲気がとってもいいので、ぜひ食事付きプランで訪れてくださいね (⑅•ᴗ•⑅)


【 Mount Faber Park】


フェーバーピークから3分ほど歩いたところにある小さな公園が『マウントフェーバー公園』
マウントフェーバー公園からの景色は、360度遮るものが何も無いという『大パノラミックビュー』
晴れた日にはインドネシアの島々が、夜にはキラキラ輝く美しいシンガポールの街が見渡せます。

そして、ここに住む山頂の主こそが『山の上のマーライオン』
別名『ヤマー子』です \(*T▽T*)/

最もポピュラーなマーライオンパークの『放水マー子』はぜひ会いに行っていただきたいですが、山頂ヤマー子の今にも放水しそうな堂々たる表情も必見です!


その他のマーライオン記事はこちら!
 ↓
『シンガポールの名所?【パパマーライオン】』


トレイルコースと【Henderson Waves】


ハーバーフロント駅からアクセスし、マウントフェーバー公園を抜けると、ラブラドールパーク駅へ続くトレイルコースの始まりです。

大自然と近代建築が融合したシンガポールならではのハイキングコースで、バードウォッチングやトンボ池、巨大熱帯樹など、ハイキング以外の見所もたくさん。
野生のリスやサルに遭遇するなど、人気の高いスポットです (*´︶`*)


トレイルコースの種類は2つ。

① 地上ルート(地面を歩く)
  ➞雨の日や雨天後、要注意。

② 空中ルート(あみあみの橋の上を歩く)
  ➞高所恐怖症の人、要注意。



高所恐怖症の方が雨天後に行かれる場合は、
その場合は、、、

申し訳ありません。
いずれかを選んでください m(*_ _)m


マウントフェーバー公園から歩き始めること10分。
た~っぷりのマイナスイオンの中、突如現れる超モダンな建造物が『空中のうねる波』こと『Henderson Waves(ヘンダーソン・ウェーブ)』

Henderson Roadによって大きく2分割されるマウントフェーバーをつなぐ唯一の橋で、全長247m地上36mに位置するシンガポールで最も高い歩道橋です。


『鋼材の肋骨』によってしっかりと支えられたヘンダーソン・ウェーブの独特なうねうね形状
これを構成するのは高密度の堅木『バラウ』で、東南アジアでこの木材が使われている建造物は、ヘンダーソン・ウェーブのみ。

橋の途中には休憩スペースがあり、子供たちが遊んだり、老人が腰かけたり、はたまたラブラブカップルが愛を語り合ったり (〃∇〃)

景色の最もキレイと言われている日没の時間帯は、人が動きませんのでご注意を ( ̄▽ ̄;)


【Henderson Waves】
ライトアップ時間:19:00~02:00


【Telok Blangah Hill Park】


ヘンダーソン・ウェーブを抜けると、もう一つの公園『Telok Blangah Hill Park(テロック・ブランガー・ヒル・パーク)』が見えてきます。

近くには、絶景で大人気の結婚式場『Terrace Garden(テラス・ガーデン)』や、老舗イタリアンレストラン『The Alkaf Mansion(アルカフ・マンション)』などがあり、ハイキング途中の汗だく仕様とは打って変わった、美しくドレスアップした人たちの姿が。

お食事予定の方は、ドレスコードをお忘れなく (「・ω・)「



およそ5キロのハイキングコースには分かれ道などもありますが、どちらへ行っても先で合流することになります。

途中には標識がたくさん立っているので、道に迷いそうなときは必ず確認してくださね (๑•ㅂ•)و✧



お正月はMount Faberで、たるみ切った体を鍛え直しましょう~ ٩(ˊᗜˋ*)و

カテゴリの最新記事