【在星の皆様へ】シンガポールでの最新情報はこちらでご確認ください【新型肺炎速報】

【シンガポールマニアック散歩】ツインマーライオン【Ang Mo Kio】

【シンガポールマニアック散歩】ツインマーライオン【Ang Mo Kio】

シンガポールにはマーライオンが6体います Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

尚、この6体はシンガポール政府認定の公式マーライオンであり、非公式なものを含めると無限にいます。


四国の高知県へ行くと全てが竜馬で出来ているように、シンガポールではあっちもこっちもマーライオン。

高知県の約10分の1の広さしかないシンガポールなので、マーライオン率はかなり高めです。


なんの比較や (¯∇¯٥)



と、日々ネットサーフィンをしながら、どーでもいい情報ばかりを拾い集めているちぃです ( ̄▽ ̄;)


Advertisement



【Ang Mo Kio】 ツインマーライオン

マーライオンど~こだ?


昨年まで、公式マーライオンの数は7体でした。

ですが、『庭園都市シンガポールの進化』を謳う都市開発の一環で、最も大きかったパパマーライオンが取り壊しになってしまいました。

総工費72億円をかけて建設される新施設は、2022年オープン予定。
近代技術の最先端都市シンガポールが次はどんなことをやってくれるのか、楽しみに待ちたいと思います (*˘︶˘*)


全6体のマーライオンの場所と、パパマーライオンのお話はこちら


ツインマーライオン紹介

地  域:Ang Mo Kio
最寄の駅:Ang Mo Kio駅 徒歩25分
バス番号:71・262
     ※マーライオンの前に停まるバス。
     ※近くまで行くバスは他にも多数あり。
営業時間:24時間
住  所:Block 216-222(の入口)
     Ang Mo Kio Ave 1
     Singapore 560218


全6体の内、Ang Mo Kio(アンモキオ)にいるのは世にも珍しい双子のマーライオン

かな~りマニアックなところに居るので、短期観光の方では訪れる機会がないと思います。

し、かな~りマニアックな『寝ても覚めてもマーライオン!』的な方以外は、ぶっちゃけ観光で訪れる必要はないかもしれません。

が、かな~りマニアックなちぃなので、もちろん会いに行ってきましたし、こうしてきちんとブログでご紹介させていただきます ٩(ˊᗜˋ*)و


夏休みの自由研究課題にどうぞ (๑•̀ㅂ•́)و✧


概要

ツインマーライオン『右子』



ツインマーライオン『左子』


最寄の駅は、MRT・North South Line(赤)のアンモキオ駅ですが、駅からでは少し歩くので、バスかタクシーのご利用をおすすめします。


アンモキオ・アベニュー沿いに広がる政府管轄の大規模団地『HDB』。
その中のブロック218の正面入口に、口を大きく開き勇ましく佇む2体のマーライオンがいます。

シンガポールでの唯一の双子マーライオンとして、今では住民たちに強く愛されていますが、実は1998年、地域住民たち(HDB居住者委員会)によって政府の許可なく立てられたものでした ( ̄▽ ̄;)

完成後もしばらくは国からの認定をもらうことが出来ず、それどころか無許可設置による罰として撤去を求められたりしたそうですが、住民の皆さまがあきらめずに頑張った結果、後に晴れて許可が下り、シンガポール政府認定の公式マーライオンズとして登録されました。


総工費30,000ドル(約2,400,000万円)
かけた甲斐あったなぁ (T^T)


そんな、愛されキャラの地域密着型ツインマーライオン。
ぜひ会いに行ってあげてくださいね。

おすすめの周辺施設もご紹介します (⑅•ᴗ•⑅)


周辺施設

カワウソど~こだ?

ここまで紹介しといてなんですが、ここいらはローカル住宅地のため、ツインマーライオン以外は特に見学できるものがあまりありません ( ̄▽ ̄;)

そこでおすすめなのが、庭園都市シンガポール自慢の公園施設。
ぜひ散歩し、マイナスイオンをた~くさん浴びていってくださいね♪


【Bishan-Ang Mo Kio Park(ビシャン・アンモキオ公園)】

カワウソここ。


ツインマーライオン正面に広がる緑地は、『Bishan-Ang Mo Kio Park(ビシャン・アンモキオ公園)』というとても良いお散歩スポットです。

園内には、マクドナルドにレストランやカフェもあり、休憩をしながらゆっくりした時間を過ごすことが出来ます。

公園中央を流れる川にはカワウソがいるので、探してみてくださいね。


【Bishan-Ang Mo Kio Park(ビシャン・アンモキオ公園)】公式サイト


【Lower Peirce Reservoir Park(ローワー・パース貯水池公園)】

池の向こうにはゴルフ場。


水不足が深刻化しているシンガポールでは、いくつかの貯水池があります。

ビシャン・アンモキオ公園の西端に接続している『Lower Peirce Reservoir Park(ローワー・パース貯水池公園)』はその1つ。

晴れた日にはキラキラ輝く水面がとてもきれいで、夕方にはデートにぴったり (๑¯∇¯๑)

泳ぐことは出来ませんが、休憩所や釣りスポットもある、穴場のお散歩コースです。


【Lower Peirce Reservoir Park(ローワー・パース貯水池公園)】公式サイト



マーライオンここ!
バスの中から撮影 (๑¯∇¯๑)



施  設:Ang Mo Kio ツインマーライオン
地  域:Ang Mo Kio
最寄の駅:Ang Mo Kio駅 徒歩25分
バス番号:71・262
     ※マーライオンの前に停まるバス。
     ※近くまで行くバスは他にも多数あり。
営業時間:24時間
住  所:Block 216-222(の入口)
     Ang Mo Kio Ave 1
     Singapore 560218

カテゴリの最新記事