【在星の皆様へ】シンガポールでの最新情報はこちらでご確認ください【新型肺炎速報】

【深夜営業】シンガポールのローカルナイトスポット【Newton Food Centre】

【深夜営業】シンガポールのローカルナイトスポット【Newton Food Centre】

シンガポールの住みやすい理由の一つに、『酔っ払いがいない』というのがあります。

現地人もお酒を飲みますが、『フラフラになるまで酒を飲んで足がもつれてる人』や、『泥酔して電車や路上で寝てる人』なんてのは、まず見かけません。

な~んでも法律で取り締まるお国柄、政府の管理がしっかりしてるのか、はたまた家族と過ごす時間をとても大切にする国民性か、あるいはその両方か、いずれにしても街が快適で住みやすくなることは、とてもありがたいですね (⑅•ᴗ•⑅)



酒は呑んでも呑まれるな。
やな・・・ (¯∇¯٥)


Advertisement



【Newton Food Centre】
【ニュートン・フード・センター】


呑まれるな・・・っつっても、暑い日には冷えたビールで喉を潤し、仕事の後は美味しい食事を楽しみたいですよね!

本日はわたしも大好きな、シンガポール名物『ローカルフードコート』をご紹介します (⁎˃ᴗ˂⁎)


施設紹介

ニュートン・フード・センターの歴史。


地  域:Newton
最寄の駅:Newton駅 徒歩3分
営業時間:PM12:00〜AM02:00
     ※店舗により異なる。
     ※定休日は店舗により異なりますが、
      (月) or (火) お休みのお店が比較的多い。
住  所:500 Clemenceau Avenue North,
     Newton Food Centre,
     Singapore 229495
公式サイト:なし



ローカルドリンク。


入口の看板。
ローカルドリンク中央の『Mickael Jackson(マイケル・ジャクソン)』て (¯∇¯٥)


ちょいと商品説明しますと、『Cincau(チンチャウ)』という真っ黒な仙草ゼリーの入った真っ白な豆乳のドリンクで、ダイエットや美肌効果もあるとか。

みなさん、もうお分かりでしょうか ( ̄∀ ̄) ?

「白黒の組み合わせがマイケル・ジャクソンを連想させる」 という、ちょっと “いけない” ネーミングです (¯―¯٥)



シンガポールのローカルドリンク紹介記事はこちら!
 ↓
シンガポールの美味しい珈琲と紅茶【KOPI & TEH】~オーダー編~
シンガポールの美味しい珈琲と紅茶【KOPI & TEH】~テイクアウト編~


フードコート概要

シーフードのお店が多めです。


シンガポールで最も有名な『Hawker Centre(ホーカーセンター=屋台村)』である『Newton Food Centre(ニュートン・フード・センター)』は、1971年に建てられた歴史あるフードコート。

テーブルと椅子が並ぶ飲食エリアを取り囲むようにして設置された屋台の形状から『Newton Food Circle』とも呼ばれ、ヤシの木に包まれた南国ならではの大規模屋外フードコートです。


ランチ&ディナー共に提供しており、シンガポールのホーカーセンターでは非常に珍しい、そして嬉しい深夜2時まで営業

オーチャードからタクシーで5分ほど。という立地から、ビジネスマンや観光客にも人気が高く、お休み前や週末は多くの人が訪れ、深夜まで賑わいが止むことはありません。


星空きらめく心地よい夜は、ぜひニュートン・フード・センターで食事とお酒を楽しんでくださいね (੭ु ›ω‹ )੭ु⁾⁾ ♬


店舗&メニュー

おすすめラクサのお店!


ニュートン・フード・センターで真っ先に思いつくメニューがシーフード。
ロブスターやカニを贅沢に使ったお料理は、食欲をそそられます。

中には、シンガポール名物『Chilli Crab(チリ・クラブ)』も ٩(*´꒳`*)۶

定番の『Satay(サテー=マレーシアの焼き鳥)』『Fish Ball Noodle(かまぼこ入りヌードル)』『インドカレー』『小籠包』など、大勢で来られて色々シェアするのも楽しいですね ♬


個人的なおすすめは、同じくシンガポール名物の『ラクサ』
正面玄関入ってすぐ、通路右角のお店の『ラクサ』は絶品!

ニュートン・フード・センターに来られた際には、ぜひぜひお試しください。
笑顔のステキなお姉さんが、お一人でされているお店です╰(*´︶`*)╯



キンキンのタイガービールとB級グルメのキャロット・ケーキ♡


ニュートン・フード・センターはガイドブックなどにもよく紹介されているため、他のフードコートと比較すると『お値段少々お高め』&『ツーリストさん多め』です。

それでも『深夜まで続く独特な賑わい』を求め、毎日たくさんの人が足を運びます。

最近では『クラフトビール』のお店や、『自家製スープにこだわったお粥』のお店など、フードコートでは珍しい店舗が増えていて、新しい名物になっています。

キンキンに冷えたビールとローカルグルメで、シンガポールの夜を満喫しましょう (๑¯∇¯๑)


おまけ

いつでも大賑わい♬


ニュートン・フード・センターのもう1つの楽しみ方。
それは、面白い看板を探すこと ( ̄∀ ̄)

よく見ると、言葉が間違っていたり、日本語がナンセンスだったり。
おかしな看板が結構あるので、見つけてみてくださいね (๑¯ω¯๑)



シーフード料理店。



『ツヤコ』って何?


『ツヤコ』ってなあに~ (๑¯∇¯๑) ?




☆.。:・★.。:・☆.。:・★.。:・☆ .。:*・★

店  舗:Newton Food Centre
地  域:Newton
最寄の駅:Newton駅 徒歩3分
営業時間:PM12:00〜AM02:00
     ※店舗により異なる。
     ※定休日は店舗により異なりますが、
      (月) or (火) お休みのお店が比較的多い。
住  所:500 Clemenceau Avenue North,
     Newton Food Centre,
     Singapore 229495
公式サイト:なし

カテゴリの最新記事