パティスリーアカシエ クリスマスケーキの予約開始!

シンガポールのお部屋探し(その1)~賃貸物件・不動産情報サイト~

シンガポールのお部屋探し(その1)~賃貸物件・不動産情報サイト~

私の日課 ♡
毎朝、旦那さんの姿が見えなくなるまで手を振って見送る ♡ ♡ ♡ .。.:*·゜


キャー Σ(|||▽||| ) ✧˖° ✧˖°
キャーー Σ(|||▽||| ) ✧˖° ✧˖°



ぎゃあ~~~ Σ Σ ( ●⁰ꈊ⁰● |||)





、、、ヤ、、ヤモ、、ヤモリ、、、



いつもと変わらず、今朝も日課を遂行していたところ、
足元をヤモちゃんが通り過ぎていきました、、、


ヤモちゃん ➞ ヤモリ ➞ 家守 ➞ 爬虫類
イモリ ➞ イモちゃん ➞ 井守 ➞ 両生類

だそうです、、、



どうでもいい、、、(´-﹏-`;)





ヤモリ苦手なちぃです。
あぁ~~あ、びっくりしたぁ ( ̄▽ ̄;)


亜熱帯のシンガポール生活で避けられないのが、ヤモリです。
東京や大阪や日本の都会にだっているそうですが、日本での普段の生活では、私はまず見かけませんでした。

それが、、、ここシンガポールでは、ほんまにめちゃくちゃどこにでもいます。
まじ、『街を歩けばヤモリにあたる。』です。


なので、、、
シンガポールでのお部屋探しは、ヤモちゃんとの共同生活覚悟になります。
苦手な方は、一緒にがんばりましょう (~ ̄▽ ̄)~ !!





安心してください。
継続します、、、


【シンガポールでお部屋探しのお役立ち?情報】


これからシンガポールでお部屋探し~♬
という方のために、実際に私がシンガポールでお部屋探しをした経緯をご紹介いたします ╰(*´︶`*)╯


ややローカル仕様ですが、参考になるのかしら、、、(¯―¯;)




我が家は日本でいう『賃貸物件』ですが、シンガポールの不動産、、、


高いです!!



東京都心並、、、?
いえいえ、はるかにそれ以上!!です。

シンガポールは、国土がものすごぉ~~~~~く狭いため、お家は基本、高いんですね。
小さな小さなワンルームでも、相場はだいたいS$2,000~2,500(日本円で15~20万円)ほど。
なのでお一人だと、大きなお家の1部屋を間借りされるか、もしくは仲間同士でルームシェアをされている方が多いです。


分譲マンションなんて、、、無いですから、、、
普通に億ションですから、、、( ̄ ▽  ̄;)




シンガポールの賃貸物件、ばっくり分けて3種類あります。

① Landed (ランディッド)
  一軒家。
  庭&プール付きで、国内の限られた地域にのみ建っています。

② Condo (コンド・コンドミニアム)
  高級リゾート風マンション。
  プール&ジム(時々BBQピットなど)が共用施設として付いています。
  主に外国人向けで、シンガポール在住の日本人のほとんどの方が、
  コンドに住まれてるのではないでしょうか。

③ HDB
  政府管轄の公営住宅。
  シンガポール人の8割の方が、HDBに住んでいます。

ほかに、Apartment (アパート) と呼ばれるものがあり、こちらはHDBに近い作りの建物で、民間の不動産会社が運営しているものになります。



ちなみに、、、ヤモちゃん同居の我が家は、HDBです。
築45年の古~い物件ですが、度々登場のヤモちゃんにおっかなびっくり!!を除いては、とても快適に暮らしています。

シンガポールの法律で、PR(Permanent Residence=永住権)を持っていない日本人を含む外国人は、HDBを購入することは出来ません。
が、借りることは可能です。




シンガポールでのお部屋探しにおいて、まず重要となるのが、『何を優先するか?』です。
こちらは、日本であっても、他の国であっても、同じですよね。

例えば、、、
1) 家賃
2) 立地・環境
3) 広さ・部屋数
4) 設備
こんなところでしょうか?

あとは、、、
5) エージェントやオーナーさんとの相性
も重要になってくるかもしれません。
同じアジアの先進国ですが、日本とは歴史も文化も違いますからね。

日本の常識・非常識、普通に通用しませんです、、、


念のために、、、
お家賃は高めに設定しておいた方が無難です ( ̄∀ ̄;)


私の場合は、主人の通勤が一番の考慮事項であったため、『立地』が最優先でした。

実際、お部屋探し中にとっても気に入ったコンドミニアムの物件が1つあったのですが、立地条件に納得がいかず決めかねていたところ、先に契約済みとなってしまいました。
ですが、そのお陰で私はそれ以上迷う必要がなくなり、その後、我々の条件にぴったりな現在の住まいに出会うことが出来ました。
結果的に、とても良かったです。

あくまでも私の考えですが、時間が許すのであれば、お部屋を見ていく中で迷っている場合は、決断を待った方が良いと思います。
これまでのお部屋探し経験を振り返って思うのですが、焦って妥協して決めたお部屋って、後々になって何らかのトラブルになることが多かったんですね。


そうは言っても、、、
お部屋を見れば見るほど、やっぱり迷ってしまいますけどね (⌒-⌒; )




シンガポールでのお部屋探しの際に、私が利用したサイトはこちらの3つ。

① お役立ち賃貸シェアサーチ
  http://www.singaweb.net/bbs/homesearch/homelist.php
  日本語の掲示板形式のウェブサイト。
  ユニット (1物件) ごとの掲載よりは、ルームシェアの案内が多めです。
  対応してくださる方も、日本語の通じる方がほとんどなので、
  英語や中国語が苦手でも問題ないかと思います。

② PropertyGuru
  https://www.propertyguru.com.sg/
  シンガポール最大の不動産サイト。
  英語のみの対応になります。

③ 99.co
  https://www.99.co/
  大手不動産サイト。
  こちらも英語表示のみになります。


3つの中でも90%以上の時間を、『② PropertyGuru』での検索に使っていました。
上記以外のサイトは、利用していません。

『PropertyGuru』では、 分譲/賃貸両方の物件を多数取り扱っており、ユニット(1軒丸ごと)タイプからシェア用の部屋貸しタイプまで、幅広く探すことが出来ます。
さらに、アジア圏であれば、シンガポール以外の国の物件も探すことが出来ます。

最終的に私たちが賃貸契約した現在の住まいも、『PropertyGuru』で見つけたお部屋です。




『PropertyGuru』での検索方法は、超簡単。

❶ サイトを開く。

❷ Buy (分譲) or Rent (賃貸) を選ぶ。

❸ 希望があれば、詳細事項を記入。
  ・Location  = 場所
  ・Residential = 住居タイプ
  ・Any Price  = 家賃
  ・Any Beds  = 部屋数

❹ 検索ボタンを一度押すと、画面が次へ移ります。
  次の画面では、さらに細かくフィルターをかけ、
  絞り込み検索をすることが出来ます。
❺ シンガポールの地名にあまりなじみのない方は、
  画面中央の地図マークをクリックし、物件リスト表示から
  地図検索の画面に切り替えることができます。

❻ 気に入った物件があれば、エージェントにコンタクトを取り、
  内覧日を予約します。


全てが英語表記なので、英語に慣れていない場合は、少し時間がかかってしまうかもしれません。
また、『PropertyGuru』や『99.co』のエージェントは、ほとんどが現地人のため、日本語を話される方は、まずいないかと思います。


『99.co』のサイト検索方法も、基本的には同じです。
『99.co』よりは、『PropertyGuru』の方が、登録されている物件数が多い気がします。




本日は、、、
出だしからびっくらこいて体力を消耗してしまいました (´+ω+`)

(その2)へつづく <(_ _)>

カテゴリの最新記事